2011年10月アーカイブ

サラリーマン後進国としての日本

夏真っ盛りですね。子供たちは夏休みをおじいちゃんの家に遊びに行ったり、プールや海に行ったり、思いおもいに満喫していることでしょう。それに比べ、大人になると夏休みなんてほどんどありません。あってもせいぜい3日とか5日とかだとおもいます。でも欧米の大人たちは平均して数週間〜1ヶ月の夏休みがある。というのをあなたも耳にしたことはあるはずです。「同じ先進国にもかかわらず」です。こんなデータがあります。

日本はGDPをみると、アメリカ、中国に続き世界第3位ですが、一人あたりのGDPを見てみると、なんと16位まで後退してしまうのです。長時間労働、低賃金、休日返上、無理もありませんよね。働く環境の整備は後進国といっても過言ではありません。・80:20の法則というものをご存知ですか?簡単に言えば、「仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの 2割の時間で生み出している。」というような法則です。つまり、あなたがどれだけ長い時間を費やして会社に貢献してもそのほとんどが「ムダ」になっている。というのが現状なのです。あなたが費やした時間と成果が比例するならば、今頃お金持ちになっていてもおかしくはありませんよね?

興味深い人を紹介します。私の友人なのですが、彼は80:20の法則を体現化したような男です。一日数時間の労働時間で多額の現金を稼ぎだし、好きなときに世界を放浪しているのです。しかも、「誰にでもできる」ビジネスで。多くの人が難しいと感じるビジネスは、実はあるスキルを身につけてしまえばとても簡単にできるそうなのです。そして、「先生」と尊敬されてしまうらいしいのです。少ない労力で最大限の結果を生み出し、なおかつ先生と呼ばれる。興味がある人は今すぐにどんな職業なのかを確認してみることをオススメします。先生と呼ばれお金持ちになるビジネスモデルを確認する。

続きを読む

サイトTOPへ

カテゴリー

スポンサードリンク

ピッチングスピードアッププログラム、とは
プロ野球選手にも愛用者のいるプログラムとは・・・
http://base-ball.jp/
速読法をインターネットで・・・
速読法をマスターして毎月の本代を浮かしましょう(笑)
http://www.ea21st.com/it/